M&Aにおけるレーマン方式とはどのようなものでしょうか?

 

M&Aアドバイザーの報酬を決めるレーマン方式とは?

 

 

みなさまはM&Aにおいて「レーマン方式」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

 

 

このレーマン方式とは、ドイツの経営学者・レーマンの学説を応用した成果配分方式のことで、一般に賞与などを貢献度によって分配する際に使われる手法となっています。

 

 

そのレーマン方式がM&Aにおいて用いられる場合、これはM&Aアドバイザーへの成功報酬を算出する手法を示します。

 

 

M&Aに欠かせないM&Aアドバイザーの報酬は、手付金などを必要とする場合もありますが、そのほとんどが成功報酬です。

 

 

そのため、多くのM&Aアドバイザーがレーマン方式をもとにして以下のような成功報酬の相場を提示しています。

 

 

5億円以下の部分           5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億円以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

 

 

レーマン方式によるM&Aアドバイザー報酬例

 

 

M&Aアドバイザーの報酬額は、M&Aアドバイザーを選ぶ上で多くの人が注目する点でしょう。

 

 

しかし、レーマン方式によりM&Aアドバイザーの成功報酬を算出する場合には、その基準がM&A契約の「移動相資産」であるか、「譲渡金額」であるかなどに注意しなくてはなりません。

 

 

例えば、『総負債4億円、純資産1億円』の企業のM&Aが純資産ベースの譲渡で成立した場合、M&Aの成功報酬は

 

 

移動相資産基準であれば5億×5%=2,500万円

譲渡金額基準であれば1億×5%=500万円

 

 

と同じレーマン方式の算出でも大きく差が出ます。

 

 

このように、特に負債の大きい企業をM&Aする場合は、譲渡金額基準のM&Aアドバイザーを選ぶほうが報酬額が低くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA